• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

NO COMPLY
ノーコンプライ(ストレート)

まっすぐなノーコンプライについて

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

F/S180しながらのノーコンプライは多くのスケーターが愛用していますが、ストレートなものはあまり見かけません。その理由はおそらくこの技が膝付近、正確には太もも内側にノーズを当てて行う技だからでしょう。確かにやり過ぎるとじんわり痛くなりますが、適度に行う分には問題なく正しく動作を行えれば痛みはありません。習得は比較的簡単で何よりカッコいい技なので是非習得しておきましょう!

ノーコンプライの仕組み

ノーズを膝に当てて板を浮かす

一見この技は後ろ足でデッキを擦り上げているようにも見えますが、そうではありません。テールを弾いて上ってきたノーズを太ももに当て前方向に押すことによって浮かせます。オーリーのテコの原理で必要な前足の役割を後ろ足の太ももで担うのです。なので太もも側面の適切な位置に正確にノーズを当てることが重要になってきます。以下で詳しく見ていきましょう。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ノーコンプライのHOWTO

ノーコンプライのスタンス

後ろ足はオーリーと同じ、前足は少しかかと側にずらします。前足は後ろ足から距離を置いて幅広く置くのが安定しやすいですが、外しやすく安定するなら狭くても問題ありません。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ノーコンプライのフォーム

ノーコンプライで注意が必要なのは前足を板から外す動作につられて重心がかかと側にずれてしまうことです。重心がずれると正確に太ももに当てられず痛い思いをし兼ねません。これを防ぐため後ろ足つま先に力を入れて重心を板の中心に保つよう意識しましょう。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

前足を外す

フォームが安定したら上記のように重心がかかと側に傾かないよう注意しつつ前足を板から下ろします。前足を下ろすと板が自動的に傾くのでそのまま後ろ足でまっすぐ勢い良くテールを弾きます。この時上半身を少し背中側に引いてやると動作を行うスペースが生まれて成功率が上がります。地面に下ろす前足の角度はそこまで意識する必要はありませんが、進行方向を向いていた方がその後の動作が楽でしょう。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

重心を後ろに引かない

テールを弾く際重心を後ろに引くと後ろ足に力がうまく伝わりません。重心はあくまでそのままか、やや前方に跳ぶ意識で良いでしょう。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ノーズを当てる場所

弾いたノーズを当てるのは膝上、太もも内側の柔らかい筋肉があるところです。ここにまっすぐ当てると痛みを感じずきれいに板を浮かせることが可能です。逆にこの場所以外に当たると痛いので、なるべくここに当てるように注意しましょう。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ノーズを押し出す

太ももでノーズを前方に押し出すとデッキにテコの原理が働き板が浮かびます。後ろ足太ももに意識を向けておき、ノーズが当たると同時に勢良く前方に押し出しましょう。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

タイミング良く前足を乗せる

板がしっかり浮かぶのを感じたら地面に下ろした前足をタイミング良く板に戻しましょう。この動作は自然と出来ることが多いです。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ノーコンプライの練習方

ノーコンプライは感覚さえ掴めば数日で十分習得可能なトリックです。まずは最初から前足を地面に下ろしたまま後ろ足だけでノーズを太ももに当てる練習で感覚を掴んでから本格的に練習しましょう。当てる場所がずれると痛いですが、怪我するほどではないのでそこまで怖がる必要はないでしょう。逆にメイク出来るようなり楽しくなってやり過ぎると知らない間に青あざが出来たりするので、適度な頻度で楽しみましょう。

ノーコンプライを極める

ノーコンプライは熟練度を上げればオーリーとまではいきませんがそれに近い高さと幅を得ることが可能です。ノーコンプライで高いものや幅、ステアなどを越えている姿は非常にカッコいいものです。2014年にリリースされたスケートビデオ「STATIC IV」のJAKE JOHNSONのパートに収録されていた2つのノーコンプライは印象的です。

ノーコンプライ,NO COMPLY,ノーコン, スケボー,スケートボード ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

JAKE JOHNSON "STATIC IV" 2014

0:17
1:14

NEWS | 最新情報