• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

F/S POP SHOVE-IT
F/S ポップショービット

事前に練習するトリック

ポップショービットが出来たら次はフロントサイド(F/S)ポップショービットにもトライしてみましょう。一見F/Sポップショービットは難しそうに見えますが、一度回し方を覚えると非常に簡単に出来るようになり、様々な場所で使えるトリックなので、ポップショービットを習得した後などに、集中して覚えると良いでしょう。

F/Sポップショービットについて

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

フロントサイド・ポップショービット(略称:F/Sポップ、逆ポップなど)は、後ろ足を使ってデッキをポップショービットと反対側に回転させるトリックです。トリックの性質上ポップさせない方が難しいです。この技もポップショービットと同じく、バリアルヒールフリップやハードフリップ、レーザーフリップの基礎となる重要なトリックです。

【お知らせ】NollieSB 推奨ブランクデッキ

nolliskateboardingが推薦するショップ「輪生む」で取り扱っているブランクデッキはカナディアンハードメープルを使用し、アメリカでプレスされた高品質なものです。これらのブランクと業界内で最も信頼されているトラック「Venture」を組み合わせた「コンプリートセット」もリーズナブルな値段でオススメです。

F/SポップショービットのHOWTO

F/Sポップショービットもオーリーで障害物や幅を越えられることが絶対条件なので、先にオーリーに慣れてから練習しましょう。また、ポップショービットが出来ればある程度の動作を想像しながら練習できるので、先にポップショービットを習得することをお勧めします。

F/Sポップショービットのスタンス

オーリーを元にし、後ろ足をかかと側に少しずらします。
丁度つま先がテールの先よりほんの少しだけかかと側にあるように置き、親指の付け根辺りに力を入れておきます。前足はオーリーと同じようにビスの手前に置きます。

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

F/Sポップショービットのフォーム

重心はデッキの中央に置き、体は進行方向に対してやや横向きで、自分の両足が真上から見下ろせるような状態が好ましいです。この状態で目線は前足~ノーズ周辺を見るようにし、デッキの回転を確認出来るように準備しておきます。

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

テールを斜め前に蹴る

ポップショービットと同じく、テールを蹴る動作がこのトリックで最も重要な瞬間です。
真上に伸び上がりながら、後ろ足つま先の親指の付け根周辺でテールを前足に送るようなイメージで斜め前に蹴り抜きます。

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

デッキの回転を邪魔せずに前足を引きつける

F/Sポップも前足はほとんど使いません。テールを蹴ったら、デッキの回転の邪魔にならないよう、すみやかに上半身に引きつけます。

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

前足でデッキをキャッチする

うまくテールが蹴れていれば、デッキはすぐに回転して、テールが前足の周辺にある状態になります。回転するデッキを目で追いながら、前足でとらえるようにキャッチします。

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

F/Sポップショービットの練習法

このトリックも前足はほぼ使わないので、後ろ足の蹴り方を掴むことさえ出来れば比較的短時間でメイク出来るでしょう。エアキャッチも自然と出来るようになることが多いので、デッキの回転をなんとなく理解出来るまでは両足着地を狙わずに注意して練習し、少し回転が分かってきたら乗りにいきましょう。一度仕組みが理解出来れば、かなりの確率でメイク出来るので使い勝手は非常に良いトリックになります。様々な場所で練習し、次のステップに進みましょう。

逆ポップ,フロント,ポップショービット,F/S,POP,POP SHOVE-IT,スケボー,スケートボード,HOWTO,

F/Sポップショービットを極める

バリアルヒールフリップ、インワードヒールフリップなどのF/Sポップショービットの複合技はスケートビデオで良く見かけますが、F/Sポップシービット自体はそんなに見かけません。なのでF/Sポップショービットをうまくスケートに取り入れているスケーターを考えるのに時間がかかりましたが、一人、RONSON LAMBERT(ロンソン・ランバート)というスケーターがいました。2006年にTransworldの傑作ビデオの一つ、「A Time To Shine」の彼のパートは、F/Sポップショービットを多く取り入れたテクニカルなものでした。直接的に使われることがあまり多く無いトリックは、良い使い方が出来ればそれだけで武器になります。

Ronson Lambert | A Time To Shine

NEWS | 最新情報