• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

F/S180
フロントサイド180

事前に練習するトリック

オーリーに慣れてきたら、次はキックフリップやポップショービットにチャレンジしますが、180(ワンエイティー)という選択肢もあります。
今後フリップ系トリックやカーブトリックを練習する際、180のスキルがあるとトリックの幅が大きく広がります。
180には背中側に向かって回転するフロントサイド180と、後ろを向きながらお腹側に回転するバックサイド180があります。バックサイド180は空中で前方が見えないので少し怖いかもしれませんが、今回のフロントサイド180はピーク時に体が正面を向くので恐怖は少ないはずです。かといってフロントサイドから練習するべき、という事ではないのでやりやすいと感じる方から練習しましょう。

フロントサイド180/FRONTSIDE (F/S)180について

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

フロントサイド(FRONTSIDE、以後F/S)180は、体ごと180°回転させながらオーリーするトリックで、ピーク時に体が正面を向く形になります。ピーク時に進行方向が見えないバックサイド180に比べ、空中で前方が見えるので、ステアなどは比較的やりやすいでしょう。フロントサイド180は、オーリーに慣れていれば習得するのにそれほど時間はかからないでしょう。ただしはじめの内はあまり高さも出ず、180°回りきらずに着地してしまう事が多いと思います。高く安定した180をメイクするにはかなりの経験が必要ですが、このHOWTOではそのためのコツを解説しています。
はじめて練習するときは4輪同時着地が出来るようになることを目標に練習しましょう。

F/S180のHOWTO

F/S180の回転の鍵を握るのは、テールを蹴る前に上半身の回転方向にねじる先行動作です。先行動作を行いながら、重心を崩さず真上にオーリー出来ることが、高くて安定感のあるF/S180をメイクする鍵となります。以下で詳しく見ていきましょう。

スタンス

後ろ足と重心の位置はオーリーと同じです。前足は少しつま先が出る程度に置くと回しやすくなります。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

上半身でタメを作る

反動をつけるために、肩を回転方向と逆にひねり、タメをつくります。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

目線

目線はノーズ~着地点を見るようにします。
体と板は回転しますが、目線は着地まで同じ場所を見ているようにすることも安定感を出す上で非常に重要な要素です。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

テールを蹴る前に上半身を開く

テールを蹴る直前、既に体と肩は進行方向側に開いています。
この動作がうまくいけば後はオーリーするだけで勝手に板が回ってきます。最初は足で回そうとしがちですが、そうすると高さが出ず、横にぶれてしまいます。
肩を開く事を意識してください。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

テールを真下に叩く

真上に伸び上がりながら、テールを真下に叩くことにより高さを出すことが可能になります。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

上半身を固定する

先行動作で開いた体は、テールを蹴った後ほとんど方向を変えず、動かしません。空中で体の位置を定め、安定させることにより軸のぶれない180が出来るからです。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

90°でピークの高さに

上半身の先行動作により板が90°回転する段階でピークに到達します。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

残りは下半身で回しきる

上半身はそのままで、残りの90°は下半身を使って回します。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

着地

着地の瞬間それまで進行方向側に固定されていた体が自然な位置に戻りはじめます。それまでの動作がきちんと出来ていると、4輪同時に安定した着地が出来るでしょう。

F/S180, フロントサイド, Frontside,スケボー,スケートボード,HOWTO,

F/S180の練習方法

f/S180を練習する前に、オーリーである程度の高さ(最低でも30~50cm程度)の障害物を飛び越えらるよう練習しておきましょう。その状態で上半身の先行動作を意識して練習すれば、数日でメイク出来るようになるでしょう。上でも説明しましたが、高さと安定性を兼ね揃えた180の習得には時間がかかります。まずは4輪同時着地をゴールとしましょう。その後物を飛び越えたり、他のトリックを習得しながら様々なセクションで滑り、経験値を積んでいく事で美しいF/S180がメイクできるようになるでしょう。

F/S180を極める

F/S180自体は技として地味なものですが、フロントサイドフリップや、シフティー、360オーリーなど、ハイレベルなスケートボードのトリックを習得するにはなくてはならないトリックです。180系のトリックを極めたスケーターであるAndrew Raynolds(アンドリュー・レイノルズ)の動画を見るとそのことが良く分かると思います。Andrew RaynoldsはEmerica(シューズ)や、Baker(デッキ)といったスケートブランドのボスで、フロントサイドフリップ(フロントフリップ)の代名詞でもある超一流スケーターです。巨大なステアでフロントフリップやバックサイドフリップで難なくメイクする姿は必見です。

Andrew Reynolds
Emerica This is Skateboarding

並行して練習するトリック

習得後に練習するトリック

NEWS | 最新情報