• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

B/S BOARDSLIDE
バックサイド ボードスライド

B/Sボードスライドについて

ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/Sボードスライドは、デッキの中心でスライドするトリックです。カーブボックスでもできますが一般的にはレールで習得するスライドトリックなのでこのページはレールでのB/Sボードスライドのやり方を解説します。レールでのスライドトリックとしては最もベーシックで、スケーターの憧れでもあるハンドレールで最初にトライするのもこのトリックでしょう。最初にいきなり高いレールで練習したりすると捻挫などのリスクがあるので、注意して練習しましょう。

B/SボードスライドのHOWTO

B/Sボードスライドのコツは、エントリー時にデッキの中心でレールを捉えられるようにオーリーをコントロールする事、そしてスライド中に重心を前後に倒しすぎないことです。以下で詳しく見ていきましょう。

スタンスとアプローチ

基本的にはB/Sノーズスライドと似たトリックです。レールが背中側にある状態でオーリーのスタンスで構えてやや斜めにアプローチします。カーブトリックと同じように、エントリー地点を見続けて狙いを定めますが、バランスをとるのに慣れてない内はあまり長くスライドしすぎると危険なので、レールの端の方を狙いましょう。長くスライドしようとしてレールの途中でバランスを崩すとレールを巻き込んで変に転んでしまう可能性が高いからです。

ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,

エントリー

エントリーはボードスライドで最も重要な箇所の一つです。レールもカーブと同じく力んでエントリーするとスライドせずに詰まってしまう危険があります。さらにレールの場合、重心がノーズの方に傾くとノーズの方に転んでしまう恐れもあります。重心はテールの方向に少し残し、レールに対してやさしく斜めにエントリーし、スライドしながら重心を地面と平行にするようにするとスムーズにスライドすることが多いでしょう。きちんとデッキの中心でレールを捉えられるよう、オーリーを調節しましょう。

ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,

スライド

エントリーがうまくいくと、ボードはレールの上を勢いよくスライドし始めます。スライド中に注意することは怖がって重心を後ろに傾けないことです。スライドしている間、体は正面に開き、頭は必ずデッキよりも少しだけ前方にあり、ノーズ側の腕は前方を向いている状態が理想的な体勢です。
また、目線はやや前方のレールの中心を見るようにしましょう。

ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,

アウト

レールの端まできたら、正面に開いていた体を戻しながら前足を使ってノーズを進行方向に戻してやるとスムーズにアウト出来ます。板がまだレールの上にある状態から上半身の動作を開始するとより自然な動きになるでしょう。

ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/Sボードスライドの練習方法

ボードスライドのポイントは、エントリーからうまくスライドし始められるところまでです。最初は自分が余力を持ってオーリー出来る低いレールを選び練習を始めましょう。上でも説明しましたが長くスライドしようとせず短くていいので、まずはメイクしましょう。それから徐々にスライドする距離とレールの高さを上げていきましょう。

丸レールと角レールの違いについて

レールには主に角パイプのものと丸パイプの物があり、前者は摩擦が大きいのでワックスを塗らないと滑りにくいですが、デッキと接する面積が広いので安定したスライドができます。後者はワックスを塗らなくてもスムーズに滑りますが、コントロールが若干難しいという特徴があります。そういった理由から最初は角パイプのものから練習する事をオススメしますが、丸レールであっても極端に難しいというわけではありません。

ボードスライド,レール,スケボー,HOW TO, B/S,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/Sボードスライドを極める

スケボーの歴史の中では、これまで信じられないような巨大なハンドレールや、何度もキンクしたレールでB/Sボードスライドがメイクされてきました。そんな中でも歴史的に有名なのは、VANSの人気シューズモデル、「ハーフキャブ」の名前で知られるスティーブ・キャバレロが1999年にメイクした44段ステアのハンドレールでのB/Sボードスライドです。キャバレロはこのメイクで、当時最長のボードスライドの記録を作りました。

スティーブ・キャバレロの44段レールでのボードスライド

NEWS | 最新情報