• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

B/S 50-50 GRIND
バックサイド 50-50 グラインド

事前に練習するトリック

バックサイド50-50グラインドは、フロントサイドよりもエントリーが若干難しいですが、エントリーさえ覚えれば後は全く同じです。バックサイドにある段差に乗れるような練習を最初にしておくといいでしょう。

バックサイド50-50グラインドについて

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

バックサイド50-50グラインド(B/S50-50、B/S50、バック)は、背中側にあるカーブに対してエントリーします。グラインドするコーピングが背中側にあるため見えにくく、フロントサイド50-50と比べ、最初は怖いと感じるでしょう。実際慣れないうちのエントリーでは怪我をすることが多いので、最初は低いカーブで練習しましょう。

B/S50-50のHOWTO

B/S50-50のアプローチ

スタンスはオーリーと同じですが、最初は若干バックサイド180を意識をしたスタンスにするとエントリーしやすくなります。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S50-50のアプローチ

カーブが背中側にある状態で、若干斜めからエントリーします。目線はオーリーでとび乗る箇所の少し前側を見るようにします。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S50-50のエントリー

目線をずらさず、カーブの側面に体を添わせるように伸びあがりながらオーリーをします。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

自分がとび乗るポイントが見えにくいので、少し怖いと感じると思いますが、見えている範囲から直観的に着地点を判断してください。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

両肩がコーピングの真上で平行になるように意識することが重要です。力を抜いてスムーズにエントリーするようにしましょう。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

グラインド

うまくエントリーができれば、あとはまっすぐグラインドするだけです。つま先側のウィールがカーブの側面にはまるようにコントロールすると安定したグラインドができるでしょう。あとはデッキの上で安定したフォームを保ち、アウトに備えましょう。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

アウト

アウトはフロントサイドと同じで、低いギャップから降りるように、軽くテールを踏んでアウトします。ミドルアウトの際は、着地地点を見ながら軽くオーリーしてアウトします。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S50-50の練習方法

バックサイド50-50も最初のエントリーが鍵を握ります。最初はバックサイドにあるカーブにエントリーするコツをつかむために、低いカーブや縁石で練習しましょう。体をカーブの側面に合わせる動作がフロントサイドより難しいので、意識してエントリーの方法を覚えましょう。慣れたら段階を踏んで、カーブボックスの高さや形を変えて練習しましょう。

B/S, バックサイド,50-50,グラインド,スケボー,HOWTO,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

巨大レールでのB/S50-50

多くのスケーターが巨大なハンドレールでのバックサイド50-50に挑んでいます。最近はサイズだけではなく、何回もキンクしている(斜めレールの途中にフラット部分があること)レールでのバックサイド50-50なども見かけるようになりました。昨年シューズブランドのDCより配信された若手トッププロの一人、ナイジャ・ヒューストン(Nyjah Huston)のパートの冒頭のバックサイド50-50は驚愕でした。

DC SHOE : NYJAH FADE TO BLACK

習得後に練習するトリック

NEWS | 最新情報