• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

B/S 5-0 GRIND
バックサイド 5-0グラインド

事前に練習するトリック

バックサイド50-50を習得したら、次はバックサイド5-0グラインドをやってみましょう。フロントサイド5-0がまだメイク出来ないのであれば、先にフロントサイドをメイク出来るようになっておきましょう。

B/S5-0グラインドについて

5-0,ファイブオー,グラインド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S 5-0(ファイブ・オー)グラインドはテール側のトラックだけでグラインドするトリックです。ちょうどテールマニュアルをしながらグラインドをするような格好になります。今回はバックサイド5-0なので、カーブは自分の背中側にあります。このトリックに必要なのは、B/S50-50グラインドと、マニュアルのスキルです。

B/S5-0グラインドのHOWTO

B/S5-0グラインドで、新しく解説する必要のある要素はほとんどありません。B/S50-50、F/S5-0グラインドがきちんと習得していれば、自然に出来るトリックです。逆にこれらの基礎が出来ていないと、言葉でやり方を説明してもメイク出来ないでしょう。以下の解説は少なくともB/S50-50グラインドを習得していると想定して書いているので、まだ習得されていない方は先にそちらのHOWTOをご覧ください。

アプローチ

B/S50-50と同じように、オーリーのスタンスでカーブに対して若干斜めにアプローチします。自分がトラックを掛ける箇所の少し前方を見るようにしましょう。

5-0,ファイブオー,グラインド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

エントリー

他のトリックと同じくB/S5-0グラインドでもエントリーが大切です。バックサイドではトラックを掛ける部分が背中に隠れて見えにくいので、ほぼ感覚でエントリーする事になります。ここまでは50-50と同じです。うまく5-0グラインドを開始するには、オーリーtoマニュアルと同じように空中でマニュアルの体勢を作っておくことが大切です。マニュアルよりも少しだけテールを強く踏み、なおかつリラックスしてエントリーしましょう。

5-0,ファイブオー,グラインド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

グラインド

グラインドが始まったら、つま先側のウィールがコーピングの側面と接触するようにするとグラインドが安定します。5-0グラインドではテールがついても失敗にはならないので、最初はテールを強めに踏んで前方のトラックがコーピングに付かないように意識します。

5-0,ファイブオー,グラインド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

アウト

F/S5-0やBS50-50と同じようにアウトします。

5-0,ファイブオー,グラインド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S5-0グラインドの練習法

繰り返しになりますがこのトリックは特別な練習よりも基礎をしっかりと身につけて置くことがメイクまでの1番の近道です。B/S50-50、F/S5-0グラインド、オーリーマニュアルに慣れてから練習を開始するのが最も理想的です。慣れてきたらカーブの高さを上げて練習しましょう。

5-0,ファイブオー,グラインド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/Sキックフリップ5-0グラインド

最初はエントリーする箇所が見にくく、少し苦戦するバックサイドでのグラインドですが、キックフリップでエントリーするのはバックサイドの方が簡単です。
キックフリップのHOWTOでも紹介しましたが、Transworldのビデオ「first love」のライアン・ギャラント(Ryan Gallant)がルーティーンの最初の、何気ないベンチでやっているB/Sキックフリップ5-0グラインドはとても自然で、大きなハンドレールやレッジでの5-0グラインドよりも印象に残っています。B/S50-50や5-0グラインドに慣れてきたらフリップインも是非チャレンジしてみてください。

並行して練習するトリック

NEWS | 最新情報