• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

B/S180
バックサイド180

事前に練習するトリック

B/S180、バックサイド(BACKSIDE) 180(ワンエイティー)は、体と板を180°回転させながらオーリーするトリックで、ピーク時に体が後ろ向きになります。F/S180と逆の回転です。バック180,バックワンなどと呼ばれることもあります。体が後ろ向きになり進行方向が一時見えにくくなるので、ステアなどでは少しやりにくいと感じるでしょうが、回転はフロントサイドと比べてかけやすい傾向にあります。フロントサイドと同じく、バックサイド・キックフリップや360、バックサイド・テールスライドなどのトリックの基礎になる非常に重要なトリックなので、F/S180とセットで習得しましょう。

B/S180について

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S180、バックサイド(BACKSIDE) 180(ワンエイティー)は、体と板を180°回転させながらオーリーするトリックで、ピーク時に体が後ろ向きになります。F/S180と逆の回転です。バック180,バックワンなどと呼ばれることもあります。体が後ろ向きになり進行方向が一時見えにくくなるので、ステアなどでは少しやりにくいと感じるでしょうが、回転はフロントサイドと比べてかけやすい傾向にあります。フロントサイドと同じく、バックサイド・キックフリップや360、バックサイド・テールスライドなどのトリックの基礎になる非常に重要なトリックなので、F/S180とセットで習得しましょう。

B/S180のHOWTO

B/S180のスタンス・目線

B/S180のスタンスは、オーリーと同じか、前足を少し背中側に寄せた形にすると良いでしょう。

・重心は両足の中心か少し後ろ足寄りに置くことで、前足を回転の軸にしやすくなります。

・目線は前足~進行方向を向けます。

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

1.B/S180の先行動作

体は回転の反動をつけるため、やや正面に開いて溜めを作ります。テールを蹴る直前に上半身を回転方向に回して先行動作を行います。フロントサイドと同じく、この先行動作により重心を崩さずに真上に跳び、テールを叩くことにより高さのあるB/S180が出来ます。

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S180の目線

バックサイドは進行方向を向けないので、基本的に目線は、トリックの間軸となる前足のかかと側辺りを見るようにすると視点のブレを最低限にでき、安定性が増します。

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S180のピーク

オーリーの動作が上手く出来れば、上半身の先行動作によりピーク時にはデッキは90°回転しているでしょう。残りの90°は主に下半身を使って回しきります。

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

着地まで上半身を固定させる

胸から上の上半身は固定し、腰から足を回転に合わせてひねるようにして残りの90°を回します。ピークから着地にかけて肩を回転方向と逆にひねることにより上半身が固定され、安定した回転をすることが可能です。

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

B/S180の着地

着地時、目線は擦り上げた前足のかかと辺りを見ています。慣れていないと少し怖いと感じるかもしれませんが、着地を安定させるため、空中にいるときは上半身の向きを固定しておき、着地してから自然に、最も安定する場所に目線と体を戻していきます。

,スケボー,スケートボード,HOWTO,

バックサイド180の練習方法

バックサイド180は上半身の先行動作を行いやすく、回転はフロントサイドと比べやりやすいので、ある程度オーリーが出来れば早い段階で回転させることが出来るでしょう。ただ、重心を保つことはフロントサイドよりやや難しく、着地地点がはっきり見えないこともあまり経験が無いと思うので、これらのことを中心に意識しながら練習すると良いでしょう。高さを出すには、テールを蹴って真上に伸び上がることです。はじめは回転させることに精一杯で、高さは出ないでしょうが、何度も練習していく内に高いB/S180が出来るようになっていきます。ただし、F/S180と同じく、完全にマスターするには長い時間を要するため、ある程度出来るようになったら次のステップを進み、他のトリックと平行して熟練度を上げていきましょう。と同時に障害物をとび越える時やステアでもB/S180を使ってみましょう。ステアでの目線の移動について、テールを蹴る直前までは着地地点を見ます。テールを蹴った後は、フラットのように擦り足周辺を見つつ、回転の途中から足の向こうに見える着地面に目をやりながら、地面までの距離感を知るようにします。何度かやっているうちに感覚が掴めてくると思います。

バックサイド180を極める

Jeremy Wray(ジェレミー・レイ)

B/S180でまず思い浮かぶのが、Jeremy Wray(ジェレミー・レイ)が巨大なギャップでメイクした180です。Jeremy Wrayには、昔から誰も想像もしなかったような巨大セクションを攻めることと、顔が似ていることから「スーパーマン」というニックネームがついていました。彼が近年メイクした巨大ギャップの180には度肝を抜かれました。

並行して練習するトリック

NEWS | 最新情報