• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

B/S POWER SLIDE
バックサイドパワースライド

事前に練習するトリック

フロントサイドに慣れてきたら、バックサイドパワースライドにもチャレンジしてみましょう。バックサイドパワースライドは進行方向に対し後ろ向きにパワースライドするスタイリッシュなトリックです。ダウンヒルのスピード調節に軽く出来たらそれだけでかっこいいですし、バックサイドブラントスライドや、フロントサイドボードスライドなどのように、スライド中に後ろ向きになるカーブやレールトリックの基礎にもなります。早い段階で使いこなせるようになれば、様々なトリックの習得に有利になります。

バックサイド・パワースライドについて

バックサイドパワースライドは、フロントサイドパワースライドと逆向きで、進行方向を背にしてスライドするトリックです。後ろ向きでのスライドは怖いと思いますが、フロントサイドの動作を頭に入れ、しっかりと重心を意識することによりフロントサイドと同じくらい安定したバックサイドパワースライドが可能となります。

【お知らせ】NollieSB 推奨ブランクデッキ

nolliskateboardingが推薦するショップ「輪生む」で取り扱っているブランクデッキはカナディアンハードメープルを使用し、アメリカでプレスされた高品質なものです。これらのブランクと業界内で最も信頼されているトラック「Venture」を組み合わせた「コンプリートセット」もリーズナブルな値段でオススメです。

バックサイド・パワースライドのHOW TO

スタンス

バックサイド・パワースライドのスタンス
後ろ足はテールの先端に置き、つま先を中心より少しお腹側にずらしておきます。前足はフロントサイドと同じように、前のビスの周辺の安定する位置に置きます。重心はデッキの中央か、少しだけ前足の方向にあるようにしましょう。

パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

先行動作

膝を軽く曲げてパワースライドのための勢いを付け、前足を軸に後ろ足のつま先でテールを背中側に押し出します。

パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

体は正面にひらく

この状態で体が後ろ向きになってしまうとバランスが保てないので、進行方向に対し正面になるように体を大きくひねります。目線は後ろ足の前くらいを見るようにしましょう。

パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

頭はデッキの真上に

後ろ足と上半身を使って板を押しスライドさせますが、重心が後ろに傾きすぎないよう、頭はデッキの上にあるように意識します。

パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ウィールがつまらないようにする

進行方向側のウィールが地面につまらないよう、デッキが地面に対して少しだけ開いているようにします。安定する体の位置と、力のかけ方を見つけ、その状態をキープ出来ると長くスライド出来ます。

パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ひねっていた体を元に戻す

スライドを終える際は、後ろ足の力をゆるめ、ひねっていた体を元の位置に戻してデッキを元に戻します。この動作は直感的に出来るはずです。

パワースライド,POWERSLIDE,バックサイド,スケボー,スケートボード,HOWTO,

バックサイド・パワースライドの練習方法

フロントサイドと同じく、パワースライドは練習するのにある程度のスピードが必要なトリックです。バックサイドの場合は後ろ向きなので、慣れるまではフロントサイドよりもやや遅いスピードで練習することをおすすめします。慣れない状態でダウンヒル中にやると、地面に詰まることが多く危険なので、はじめはかならず滑らかなフラットで行うようにしましょう。体の使い方を覚え、ある程度長くスライド出来るようになってきたら、徐々に路面を変えてトライし、ダウンヒルでも練習していきましょう。

パワースライドの醍醐味

今回はストレートな使い方であるダウンヒルの動画を紹介します(ロングボードのダウンヒルではなく、ショートボードでのダウンヒルです。)ダウンヒルのメッカとして世界で名高い場所は、アメリカ、サンフランシスコです。サンフランシスコは世界で最もスケートボードが盛んな地域のひとつで、そこら中でスケーターを見かけます。スケートボードの世界を知ると、一般的に有名なトリック系のスケートだけでなく、Rやプールなどのワイルドなスタイルなスケートスタイルがあることも分かってきます。下の動画はそういったスケートスタイルで有名な、ジュリアン・ストレンジャー(Julien Stranger)や、フランク・ガーワー(Frank Gerwer)達がサンフランシスコの上から下までをスケートするムービーです。一見なんのことはないですが、何気なく入れているバックサイド・パワースライドは非常にかっこいいものです。

Dennis Busenitz

ここから先はパワースライドはあまり関係無いですが、サンフランシスコはREALやANTI HEROなどの有名ブランドが多くあり、Dennis BusenitzやTony Trujillo、John Cardiel、Dan Drehoblなど、数多くのスケーターが住むまさにスケート天国です。中でも過去のTransworld(世界的に有名なスケート・マガジン)の黄金期のビデオの彼らのパートはスケートボードの歴史にも名高い必見パートです。

Dan Drehobl

Tony Trujillo(TNT)

John Cardiel

ナレーションの和訳:「ジョン・カーディエルのようなスタイルを持ったスケーターはあまりいない。彼の滑りは驚きで、なぜかスピードが付けば付くほどコントロールが増すんだ。わけが分からない。おせじを言うつもりは無いけど、彼は逸材だよ。」
by Mark Gonzalez

習得後に練習するトリック

NEWS | 最新情報