• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

AXLE STALL
アクスルストール

事前に練習するトリック

アクスルストールについて

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

アクスルストール (AXLE STALL) はアール/ランプで両方のトラックをコーピングにロックするトリックです。一般的にバックサイドからアプローチするもののことを言い、フロントサイドから入るものはフロントサイド アクスルストールと呼ばれ若干難易度が高くなります。両方のトラックを掛けることが出来ても、コーピング上で安定したロックが出来ないとメイクしたとは言えません。スタンスを変えずに体勢を立て直すために使ったり、5-0やフィーブルロックなどの応用トリックにも繋がる必須トリックです。

アクスルストールのHOWTO

アクスルストールで大切なことは
①まっすぐエントリーする
②後ろのトラックからロックする
③板をコーピングの真上で安定させる
の3つです。以下で詳しく見ていきましょう。

適切なスピードでまっすぐエントリーする

アクスルストールは、まず後ろのトラックをコーピングに掛けるのに十分なスピードでアプローチします。早すぎてもコーピング上でスリップしやすいですし、遅すぎてもきちんとロック出来ずに中途半端なストールになります。適切なスピードでコーピングにまっすぐエントリーしてください。この時斜めにエントリーするとロックされずグラインドになることがあるので注意しましょう。

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

重心・体の向き・目線

重心は終止デッキの中心にあるようにします。ノーズ側のトラックがコーピングを越えたら、上半身とデッキをコーピングに沿うように傾け始めますが、テール側のトラックが掛かるまでは後ろ足に意識を向けておきましょう。

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

前トラックを掛ける

テール側のトラックが掛かったと同時に意識を前足に向けノーズ側のトラックをコーピングに掛けます。この段階で板はまだ角度が浅く安定していません。

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

ロック

そのままかかと側に体重を移動させていきつつ、両方のトラックをコーピングに掛けます。板と重心がコーピングの真上にあるようにすると安定したロックが出来るようになります。

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

アウト

アクスルストールからのアウトはおそらく初めての経験となるでしょうが、意外に直感的に出来るものです。ドロップインの感覚を思い出し、体をアール面に倒すように傾けながら軽くテールを踏んで前方のウィールを下ろします。体勢が崩れなければ自然とメイク出来るでしょう。

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

アクスルストールの練習法

アクスルストールはドロップインやインターフェイキーである程度アール/ランプに慣れた状態でチャレンジしましょう。
まずはトラックを掛けなくてもいいので、スピードをつけプラットホームに乗り上げる練習をする事で、コーピング上で安定する感覚が身に付きます。後はトラックがコーピングに対して斜めになってロック出来ない状態で構わないので両方のトラックを掛けてアウトすることに慣れましょう。その後かかと側に力を加えることを意識してきちんとロックするように意識しながら練習しましょう。

アクスルストール,アール,ランプ,AXLE STALL,,スケボー,スケートボード,HOWTO,

色々な応用技にチャレンジしてみよう!

アクスルストールに慣れてきたら50-50グラインドや5-0バージョンである「ピボット/Pivot」などにもトライしてみましょう。これらはアクスルストールが出来ると直感的に出来るトリックです。当サイトでも今後これらのHOWTOは公開していきますが、トランジションのトリックは直感的に出来るものが多いのでどんどんチャレンジしてください!

習得後に練習するトリック

NEWS | 最新情報