• NOLLIE SKATEBOARDING | HOWTO

まずは動画を見てみよう

360KICKFLIP
360キックフリップ

事前に練習するトリック

360キックフリップについて

360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

360キックフリップ様々な呼び方があり、スリーシックスティーフリップ、トレフリップ、ポッシブル、ポシフリ、などですが、日本でよく聞くのはサブロクフリップです。海外ではトレフリップ(Tre flip)と呼ばれているのをよく耳にします。360ポップショービットの回転にキックフリップの回転をかける高度なトリックです。

【お知らせ】NollieSB 推奨ブランクデッキ

nolliskateboardingが推薦するショップ「輪生む」で取り扱っているブランクデッキはカナディアンハードメープルを使用し、アメリカでプレスされた高品質なものです。これらのブランクと業界内で最も信頼されているトラック「Venture」を組み合わせた「コンプリートセット」もリーズナブルな値段でオススメです。

360フリップのHOW TO

360フリップの鍵を握るのはテールの蹴り方と、重心を固定する事です。派手な回転なので動きも派手になりがちですが、板の回転をさせようとしすぎて重心がずれるとメイクはまず不可能です。
もう一つの注意点は、前足でフリップ回転を入れようとしてキックフリップと同じように蹴り抜いてしまいがちですが、これをやるとデッキの制御がきかなくなり、体の真下で回ってくれません。回転はほぼ後ろ足でつけ、前足はその回転のサポートをするような形で使います。

360フリップのスタンス

スタンスもかなり特徴的です。後ろ足はつま先をテールの端に置き、足の指でテールをつかめるような状態にします。前足はかかとをデッキから出し、つま先を進行方向に開いた状態です。両足のつま先でデッキを挟み込むイメージです

360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

不安定なスタンスですが、デッキのセンターラインを意識して左右に傾かないように意識します。体はオーリーよりも進行方向側に開き、重心はセンターライン上の、両足の中心より少し前側に置きます。両肩でデッキのセンターラインを挟み込んでいいるようなイメージです。

目線は前足からノーズの先端を見るようにし、この視線はトリックの終止変えず、常にデッキの回転を目で追える準備をしておきましょう。

360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

※最初は板を回転させるために斜めにジャンプしながらテールを蹴ってしまう事が多く、重心を意識するのは難しいと思いますが、メイク率が上がってきたら少しずつ重心を意識しましょう。一気に安定し、メイク率が上がる場合が多いです。

つま先ですくいあげる

360フリップのテールの蹴り方は独特で、後ろ足のつま先でテールの裏側をすくいあげるように蹴り抜きます。適切な解説が難しいのですが、何度も練習している内に近い形になってくるはずです。近い回転をしたらその感覚を覚えておき、その感覚で何度も練習しましょう。

360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

前足はほとんど使わない

前足は回転するデッキに少しだけ引っかかるように軽く蹴り抜きます。360フリップは前述したように、フリップ回転をかける意識はほとんどなく、気持ち程度で蹴り抜き、その後は上半身に引きつけます。ここまでの動作が正しいと、デッキは自分の真下で回転します。マスターすればショービットと同じくらいの力でデッキを回転させられるようになるのですが、最初はデッキがあらぬ方向にとんでいってしまいます。何度も練習する事で体の真下で回る感覚を覚えられます。

360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

エアキャッチ

デッキの回転を目で追いながら、回転し終わったタイミングで板をキャッチします。慣れてきたらこの動作も自然に行えるようになってくるでしょう。

360,flip,treflip,キックフリップ,フリップ,スケボー,スケートボード,HOWTO,

以上のように、360フリップは重心を保ちながら正しくテールを蹴る(すくいあげるように)ことが最も重要なトリックです。

360フリップの練習法

上記で既に説明しましたが、まずは後ろ足のすくい上げる動作を覚えます。最初はおそらく自分の真下で回転しないので、重心を無視して全身を使って板を回転させようとするでしょう。それでも構いません。とにかく回し方を覚えてください。慣れてきたら、重心を整え、真上に跳ぶこと、そして無駄な動きをなくし、下半身の動きだけでデッキを回転させられるように意識しながら練習すると高さと安定感がある360フリップが出来ます。重心が常に中心にあるように意識することも重要です。複雑なトリックですが、コツさえ掴めば簡単にメイクできるようになるでしょう。あとは様々な場所で練習して応用力を付けていきましょう。

360ポップショービットは必要ないの?

360ポップショービットを事前に習得しておいた方がいいのでは?と感じる方もいるかと思いますが、360ポップショービットを先に練習しようとすると、意図せず半分フリップ回転がかかってしまうことが多く、フリップ回転をさせないように逆に気を使うので、どちらかというとこっちの方が難しいです。逆に360フリップを習得出来れば、少しの練習で360ポップショービットもメイク出来るということが多いので、360フリップを基礎として先に覚えて問題ありません。

360フリップを極める

360フリップはスケートビデオよく見かけるトリックです。ルーティーンの途中のフラットトリック、ステア、バンク、マニュアルとの複合など。様々な場所で使われています。同じ360フリップでも縦気味の回転や横気味の回転、体の動かし方など人それぞれで、かなりスタイルの出るトリックです。その中でも印象に残っている360フリップの使い手の一人はステファン・ジャノスキー(Stephan Janoski)です。非常に軽くい動きで大きなセクションをメイクするスタイルや、スイッチスタンスなどで定評がある彼の360フリップの軽さは絶品です。

Stephan Janoski | Habitat: Mosaic

Stephan Janoski | Transworld Skateboarding's “subtreties”

NEWS | 最新情報